新鮮なタカサゴを使った酢味噌和え

新鮮なタカサゴを使った酢味噌和え

新鮮なタカサゴを使った酢味噌和え タカサゴの魚は、沖縄の家庭では、日常的に食べられている魚です。グルクンと呼ばれ、沖縄の食堂や居酒屋でも、豊富なレシピが並びます。タカサゴは、案外食べ応えのある皮と身を持っています。噛んで、美味しくいただく魚でもあるわけです。から揚げも美味しいですし、酢味噌で和えても、お酒にも合う1品になります。グルクンに玉ねぎを用意して、味噌だれには、白みそに酢、みりんに黒砂糖を使います。新鮮なグルクンを用意して、三枚におろします。ウロコを取る時には手に気を付けて、内臓もキレイに取って、一度水洗いをしてから、魚をおろします。魚は降ろした後、熱湯を上からかけて、湯引きをしておきます。

そのあと、冷たい氷水にいれて、魚の身を締めます。この工程を通ることで、魚の身がキュッとしまって、より一層おいしさを感じることができるのです。そのあとは、水気をきってから、食べやすいサイズに切っていきます。薄くスライスした玉ねぎを、氷の入った水に入れて、玉ねぎをパリッと指せます。ザルに移して、水気はしっかりと切りましょう。酢味噌のたれの調味料を、混ぜ合わせて作ります。そこに、スライス玉ねぎと、グルクンを入れて、混ぜ合わせます。器に盛り付けて、完成です。


Copyright(c) 2014 新鮮なタカサゴを使った酢味噌和え All Rights Reserved.